相続人の廃除と相続欠格について

相続の資格を奪う相続欠格と廃除についてその特徴をまとめてみました

自分が亡くなった時、やはり可愛い子供に財産は継がせたいものです。自分が病気の時は一生懸命看病し、病院の送り迎えや日常の世話までよく動いてくれる子と、一生懸命育てたはずなのに、非行に走り暴力を振るうような子では、一方の子にだけ財産を残したいと思うのは、親であっても当然に出てくる感情でしょう。
“相続人の廃除と相続欠格について” の詳細は »

祭祀財産と承継者

お墓や系譜など引き継がれてきた祭祀財産を承継するのは誰でしょうか、また祭祀承継者はどんな権利を持っているのですか

今まで親族の墓や位牌などを守ってきた方が亡くなると、それを誰が相続するのかで悩まれる方も多いかと思います。このような墳墓や祭具、系譜などは相続財産ではなく、祭祀財産とされています。血統や家柄を重んじる家督制度をとり、家を守るという考え方があったため、祭祀をまつることも重要な役割を持っていました。
“祭祀財産と承継者” の詳細は »

借家権、相続の例外

内縁の配偶者に相続権はなくとも、借家権に関しては承継が認められます

相続財産を受け取るには、遺言により遺贈者に指定されるか、法律上の関係がありその相続権を有している者が相続するなどがあります。

相続権そのものは、この法律上の関係が無くてはなりません。養子縁組を正式にしていない場合や、内縁の配偶者などは相続権を得ることが出来ないのです。

しかし、
“借家権、相続の例外” の詳細は »

相続税の対策だけが、相続対策ではありません

相続税という税金にばかり目が行きますが、事前に必要なのは正しい知識です

相続税改正が迫り、相続問題は多くの方にとって身近なものとなってきます。

事前に対策をとるというと、節税だけを思い起こす方がいらっしゃいますが、そうではありません。遺産相続はプラスの財産だけを受け継ぐのではなく、マイナスの財産も受け継ぐことになります。
“相続税の対策だけが、相続対策ではありません” の詳細は »

子が放棄した相続財産を孫が代襲相続できるのでしょうか

相続放棄という手続きをした場合、その財産はだれが相続するのでしょうか

相続放棄した子に、子供(被相続人から見て孫)がいる場合、その子の子は代襲相続が出来るのでしょうか。
“子が放棄した相続財産を孫が代襲相続できるのでしょうか” の詳細は »